*報告書・レポート・提案書の書き方

◆稟議書の書き方・考え方の基本!

ビジネスでの社内と社内文書の書き方の違い

ビジネス文書文章は、大きく分けると、社内文書・文章と社外文書・文章の2種類に分かれます。

社内文書・文章は、組織の内部で上部→下部、下部→上部、部門→部門など、業務を円滑に進めるために作成され、社外文書・文章は、会社や団体がその目的を遂行するため、取引先などへ向けて意思表示するために作成、発信されるものです。

ビジネス文書文章の用途別分類>

1.社内文書・文章の書き方

@儀礼よりも、能率を優先。
  「拝啓」や「時候のあいさつ」などは不要。ずばり用件に入る。

A敬語使用は最低限にとどめる。
  目上の人へもことさらへりくだる必要はなし。

B受信者名の敬称は省略。
  「営業部長」、「鈴木主任」で良い。「殿」、「様」は不要。


2.社外文書・文章の書き方

@形式と儀礼の両面を重視。
  社交儀礼などマナーや形式に注意し、用件を適確に伝える。

A敬語を適切に使う。
  尊敬語、丁寧語、謙譲語をうまく使い分ける。

B個人が作成しても、会社の責任に。
  個人が書いても、一旦社外へ出ると会社の意思と見なされる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。